美人な女子バレー選手!

最近の女子バレー選手は美人が非常に多いです。スポーツ選手に美人がいると、それだけで評判になり、人気へとつながります。

女子バレー選手は昔から美人がいましたが、最近は特に多いでしょう。美人が多いこともあって、バレーボールの試合がテレビで放映されたり、バラエティ番組に女子バレー選手が出演したりしています。

どんどんバレーボールの認知度が上がっていき、中高生が部活でバレーボール部に入部することも多くなっています。

Naz Aydemir
Naz Aydemir

トルコの選手ですがメディアへの露出も多いそうです。
しかし、良いことばかりではありません。

スポーツ選手であれば、スポーツの内容についてインタビューを受けたり、
評価をしてもらいたいと思っているはずです。

美人であることや、スタイルがいいことを第一のように取り上げて報道されてしまってもいるのではないでしょうか。日本人は外見をとても気にしていると思います。

そのため、外見が整っていて初めて何かが生まれる。そのような風に感じてなりません。女子バレー選手達も、もしかしたらこのようなことを感じているかもしれません。

しかし、理由はともあれ、スポーツに興味を抱くことはとても素晴らしいことだと思います。これが自分がやっているスポーツであればなおさらです。

プロスポーツ選手であれば、人気度によって待遇等変わることが多くなってくるでしょう。美人女子バレー選手の試合となれば、バレーボールをあまりよく知らない人達も試合を見に行くかもしれません。

それをきっかけにバレーボールに興味を持つかもしれませんから。

女子バレー選手の美意識

最近の女子バレー選手は、非常にきれいな女性らしい人が増えています。

滝沢ななえ
滝沢ななえ

↑引退してしまいましたが「滝沢ななえ」選手は激カワでした

以前はどちらかというとスポーツ選手という印象が強く、動きやすいように髪はショートカットで、アクセサリーも全くつけていない、化粧もほとんどしていないという選手が多かったのですが、最近では髪の長い人が多く、またペンダントやネックレス、ピアスなどのアクセサリーも身に着けている選手を非常に目にするようになりました。

ひょっとしたらこういったサイト、
ミュゼ茨城の店舗一覧!今すぐ予約はコチラ!
からエステを予約していたりするかもしれません。

とにかくこういったことは…一昔前では考えられなかったことです。

このように女子バレー選手の美意識が高くなった背景には、テレビでの中継が増えバレー人気が高まったことも大きな要因かもしれません。そのおかげで女子バレーの常識も変わってきたのでしょう。

やはりテレビでは選手のアップが映ることも多く、可愛らしい女性が必死で試合をしている姿はどうしても応援したくなるもので、その効果を狙ったテレビ局側の配慮があるのかもしれません。

ともあれ、女子バレー界の常識が変わり、今までできなかったおしゃれがコートの上でも出来る様になったことで、逆に女子バレー選手の中には大変な思いをしている人もいるかもしれません。

元々美意識の高い人はともかく、今まであまり興味の無かった人もビジュアル的に対応するために高い美意識を要求されている人もいるのでしょう。

女子バレー選手が美しくなるのはテレビを見ている立場にとっては非常に嬉しいことですが、選手の側からすればよい面も有れば悪い面もある、という事なのでしょう。

企業チームについて

女子バレーのリーグであるVリーグには、多くの企業チームが参加しています。その多くは古くからの名門チームですが、新参のチームも独自の補強なり選手構成を行い、名門チームと互角に戦っているのが非常に面白いところです。

中でも、日本代表に多くの選手を輩出しているJTマーベラーズ、NECレッドロケッツ、ユニチカフェニックスから転身した東レアローズなどは古くから強豪として非常に有名で、毎年優勝候補として名前があがり、また継続的に優秀な選手を輩出しています。

企業はスポーツを広告宣伝の一環として運営しています。これはもはや言わずもがなの事実ではありますが、その考え方は国により、また会社により大きく異なるものです。

宣伝効果が上がらないとすぐに売却したり、廃部にしたりして選手のモチベーションを下げてしまう企業もありますが、逆に一般の顧客との触れ合いの重要な場所として必死で残そうとする企業もいます。

もちろん、無理をして倒産をしてしまうようなことは避けなければなりませんが、やはり国の文化のひとつとして成長した女子バレーの場合には、そう簡単に企業の都合などでチームを解散したり、売却したりはしないでほしいものですね。

最近では以前に比べ人気も高く、単なるバレー選手としてではなくタレント性も持ち合わせている選手が沢山成長してきていますので、女子バレーのチームを持っている企業には、ますます頑張ってチームを維持して行ってもらいたいものです。

女子バレーの醍醐味

女子バレーの醍醐味といえば、鮮やかなアタックや華麗なレシーブも魅力的ですが、その最大の魅力は何と言ってもラリーの応酬にあると思います。

男子の場合に比べ力強さは劣りますが、際どいスパイクも見事に拾ってつなげていく技術力の高さと精神力は見ていて感動する部分でもあります。

体格も力もどうしても欧米の選手に劣る日本の女子バレーの選手は、やはりスパイクの強さ、ブロックの高さでは欧米選手にはか無いません。

しかし、その俊敏さ、体の柔らかさから相手のスパイクに対して素早く反応しぎりぎりですくい上げ次の攻撃に持っていく、もしくは頭脳的なクイックで相手のブロッカーを混乱させ、その隙間にボールを打ち込んでいく頭脳的なプレイは日本女子バレーの試合ならでは醍醐味です。

もちろん、このような動きは生半かな練習や精神力で簡単に出来るものではありません。

毎日毎日厳しい練習を積んでいるからこそできることだと思います。このような選手自身の練習の成果を見ることができるのも女子バレーならではの醍醐味でしょう。

また、最近はバレー選手が非常に可愛らしく、美しくなっていることも見逃せません。

昔と違い、テレビ中継も増えたことでそのビジュアル的な理由もあり、コートの上でもおしゃれすることが認められたのでしょうが、皆おしゃれでかわいらしい選手ばかりなので、その選手がけなげにコートの中で頑張っている姿を見るのも非常に応援したくなる要因かもしれません。

女子バレー選手の平均身長

数年前から世界の中でも強くなっているスポーツが女子のバレーボールです。ロンドンオリンピックでは銅メダルを獲得したのも記憶に新しいところです。

女子バレー選手は身長が高くないと難しいものです。特に世界には高い選手が多くいるため、チャンと戦うためにはある程度の身長が必要なのです。

現在、全日本の女子バレー選手の平均身長は約176cmです。これは世界のバレーボール選手に比べても、世界のチームの平均から比べても大変低く、下から数えたほうが早いのです。逆にロシアは大変高く、平均でも190cmを超えており、ほとんどの選手が180cm以上あります。

バレーボールでは高さが必要とは言いますが、レシーブ専門のリベロに関しては高さはそこまで必要なく、守備力がとても大切です。身長が低い選手でも活躍できるポジションです。また、トスをあげるセッターも身長が低くても良いのですが、ブロックをすることがあるため高いほうが有利であるとも言えます。

しかし、日本の女子バレー選手は世界に比べて低くてもその分スピードや守備などでカバーしています。サーブで相手を崩し、相手のスパイクをしっかりと拾って攻撃につなげ、相手のブロックを利用してスパイクを打つのです。

世界から比べると平均でも身長が低い日本の女子バレー選手たちですが、それでも世界としっかりと戦えているのは作戦や練習の成果がしっかり出ているとも言えます。そしてチームワークを大切にし、全員一丸となって戦っているのです。